遠方の両親や祖父母にフォトブックを贈ろう!

こんにちは、Ryoです。
夏らしくないなぁと思ってるうちに9月になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
夏季休暇で帰省して故郷でゆっくり過ごせた方や、仕事や私事などで都合がつかず帰省を今回は見送った方など様々かと思います。

実家を出て遠方の地域に進学や就職をして日々忙しく過ごしていると、どうしても親や祖父母とは会う機会も少なくなりますから、私も親の立場から考えてみると寂しさもあるし、心配だし、元気にしてるかなーと気になるものです。

当の本人は日々公私ともに充実して過ごしていますから何の問題もないのですが、私が若者だった頃を思い返すと親や祖父母が思うほど、気に掛けてなかったりしましたね。

9月で敬老の日も近いことですし、今回はそんな両親や祖父母を喜ばせる贈り物として、
何が良いんだろ?。。。と考えてたら、!!「フォトブック」って良いんじゃないだろうか
と思った次第です。



1.フォトブックとは?

デジタル画像から作れる写真集のことを指します。
ネガや写真からも作れるようですが、別途変換費用など必要となるようです。

今はデジタルカメラやスマホなどで撮影する機会も多いですから、相当な数の画像が眠っているんじゃないかと思いますが、その画像を使って編集ソフトで自由にレイアウトしてから
サービスを提供する事業者へ依頼して「写真集」にしてもらえます。

2.メリットは?

先ず「オンリーワン」で、何よりも「低コスト」であり、「手軽に作れる」ということが
最大のメリットだと思います。

「オンリーワン」については説明不要ですね。
当人以外誰にも同じものは作れませんから、当然世界で唯一のものになります。

「低コスト」については、写真屋さんで撮影&アルバムにしてもらうとなると、高品質で素晴らしいものを作ってはくれますが、費用も高額です。
フォトブックの場合は、サイズやページ数で変わりますが約1,500円(税、送料など別)から
作ってくれる事業者もありますので懐事情にも優しい感じがしますね。

「手軽に作れる」というのは、事業者が提供してくれている編集ソフトを使ってレイアウトやデザイン、イメージなどを全て自分の好みに合わせて作ることが容易に出来る点ですね。

3.デメリットは?

デメリットはお察しの通り、「画質」ですね。
写真を撮影するデジタルカメラやスマホ、iPhoneなどのスペックによっても変わりますが、
本屋で売られている写真集レベルには及ばないことを理解しておく必要があります。

とは言え、ここで大事なのは「期待しすぎない」ことですからね。
この点は何一つ妥協しない!という場合は、素直に写真屋さんで撮影してアルバムにした方が
納得の行くものが出来ると思います。

4.フォトブック事業者

事業者をWikiから引用しますと、18事業者あるようです。

  • DNPフォトイメージングジャパン – 「ドリームページ」
  • TOLOT
  • アスカネット – 「マイブック」
  • カメラのキタムラ
  • キヤノンマーケティングジャパン – 「PHOTOPRESSO(フォトプレッソ)」
  • グランドアドレス – 「撮るだけフォトブック」
  • コストコフォトセンター
  • コンテンツワークス – 「Photoback」
  • しまうまプリントシステム
  • ジャストシステム – 「ココアルクイック」
  • シンプレスジャパン – 「ビスタプリント」
  • ソルトワークス – 「みんなのフォトブック」
  • ダンクセキ – 「PhotoRevo(フォトレボ)」
  • ナカバヤシ – 「フエルフォトブック」
  • ネットプリントジャパン
  • ノハナ – 「nohana」
  • フジフォト株式会社 – 「フジフォトアルバム」
  • 北海道ダイヤ – 「しろくまフォト」

事業者によって方法は様々なのですが、上述したように自身で編集ソフトを使うタイプ、Webに写真をアップロードして編集するタイプ、スマホやタブレットに専用アプリをインストールして編集するタイプ、SNS(Facebookなど)にアップロードした画像を使うタイプ、店頭にメディアを持ち込むタイプなどがあるようです。

今回はメリットにも挙げた「手軽さ」も踏まえて2事業者をご紹介します。

◆グランドアドレス「撮るだけフォトブック」

シーン別のテンプレートやWelcomeボードもあり、レイアウトも多様なので自分の作りたいフォトブックがイメージしやすいのではないでしょうか。
編集は専用ソフト(無料)をダウンロードし、自由にレイアウトしてイメージが完成したら
注文すれば手元に、又は贈り先にフォトブックが届くというのが撮るだけフォトブックです。



HPにはサンプルやイメージ画像掲載されていますから、ご興味あればぜひ。

◆リブラプラス 「primii」

こちらはwikiにはまだ反映されていないようですが、2017年4月号のひよこクラブで紹介されたりもしているようです。
こちらの事業者が提供するprimiiは「スマホ専用サイト」になっていますので、登録すると
URLの連絡が来て、そこで編集などを行う形のようです。

このprimiiの特徴は、以下の通りです。

  • 写真屋さんと同品質紙のL版プリントが「1枚5円」
  • 5GBの写真データ保存ストレージ
  • フォトブックが加入の翌月から、“”毎月””1冊無料(24頁文庫本サイズ)

このスマホの写真プリント、Primiiなら1枚5円という点や、【primii】毎月一冊フォトブック無料プレゼントという特徴を生かせば手軽にお安く作ることが出来ますね。


5.まとめ

遠方に離れた両親や祖父母に限らず、兄弟姉妹、友人知人など相手を選ばずギフトとして手軽に贈ることができるものではないかと思います。
特に両親や祖父母は今現在の姿をアルバムという形で贈ってもらえるのは、この上なく喜んでくれるんじゃないでしょうか。(私が子供から贈られたシチュエーションを妄想中。。。)

ギフトの選択肢の一つとして視野に入れるのも良い商品かと思います。

以上、何かのご参考になれば幸いです。

Ryo

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天トラベル

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

楽天トラベル