これで楽に!?VBA活用

面倒だなー、やりたくないなー、同じようなこと繰り返すのはつまらん!と思ったことを「如何に自分が楽するか」という観点で実行してきたVBAの活用をご紹介していきたいと思います。
尚、掲載のVBAコードや付随するインストール等は自己責任でご利用ください。
万一データ破損等の損害が発生しても責任は負いません。

これで楽に!?VBA活用

【VBA】複数のウィンドウを整列する

こんにちは、Ryoです。 ブックを複数開いている状態で上下や左右に並べたり、重ねて表示したい時はArrangeメソッドを利用することで開かれているすべてのウィンドウを指定した形に整列させることができますので、今回はその内容について書いてい...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】WithEventsキーワードでイベントをハンドルする

こんにちは、Ryoです。 WithEventsキーワードを利用しApplicationオブジェクトを指定することでApplicationクラスのイベントを扱えますので、新規にブック作成都度フォント設定やセルサイズを方眼紙とするサンプルを書...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】テキストボックスで左余白を設定する

こんにちは、Ryoです。 ユーザーフォーム上でのテキストボックスはデフォルトで左余白が設定されていますが、この余白はSelectionMarginプロパティを利用して有無を設定することもできますので、今回はその内容について書いていきます。...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】テキストボックスにスクロールバーを表示する

こんにちは、Ryoです。 ユーザーフォーム上に設けたテキストボックスへスクロールバーを設定したい場合はScrollBarプロパティを利用することで対処できます。このプロパティは水平方向、垂直方向及び両方を設定することもできますので、その辺...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】ユーザーフォームで改行やタブ入力を有効にする

こんにちは、Ryoです。 ユーザーフォーム上のテキストボックスを更に扱いやすくする手段の1つとして、改行キーやタブキーを有効にする方法もあります。これらはEnterKeyBehaviorプロパティ/TabKeyBehaviorプロパティを...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】フォルダをコピー/移動/削除する

こんにちは、Ryoです。 VBAでフォルダに対する処理を行うことは多々あるかと思いますので、File System Objectオブジェクトによるフォルダ操作方法について書いていきます。 1.サンプル概要 サンプルコードを実行するファ...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】表示画面の上端行/左端列を取得・設定する

こんにちは、Ryoです。 表示画面(アクティブウィンドウ)内で特定の表などをピックアップしたい場合、ScrollRow/ScrollColumnプロパティを利用することで左上端に表示される行番号や列番号を設定することで対応できますので、今...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】ウィンドウタイトルの取得と設定を行う

こんにちは、Ryoです。 Captionプロパティを利用するとアプリケーションのドキュメントウィンドウタイトルバーに表示されている名前を取得・設定することができますので、今回はその内容について書いていこうと思います。 1.サンプル概要 ...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】同ウィンドウをコピーして開く/ウィンドウを並べて表示する

こんにちは、Ryoです。 同じブック内で違う箇所の比較を行いたい場合に便利な同ウィンドウをコピーして開くNewWindowメソッド、異なるブック間でデータ確認等の際にウィンドウを並べてスクロールを同期できるCompareSideBySid...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】ファイルの拡張子を取得する

こんにちは、Ryoです。 ファイルを判別する際の1つの手段として「拡張子」がありますので、今回は指定フォルダからファイル一覧を取得し、GetExtensionNameメソッドを利用した拡張子取得や判別などについてサンプルを交えて書いていこ...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】ファイルサイズ(容量)を取得する

こんにちは、Ryoです。 VBAで処理した集計結果などを指定ファイルに出力する形が多いですが、例えばある程度の容量になったらファイルを新規に入れ替える等の処理を行うにはFileLen関数を利用してファイルサイズを取得するのも一つの手段かと...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】セルを挿入/削除する

こんにちは、Ryoです。 ワークシートの指定範囲に空白のセルやセル範囲を挿入するInsertメソッド、削除する場合にはDeleteメソッドを利用します。このメソッドは処理後のセルの移動方向(シフト方向)を指定することも可能なのでサンプルを...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】ワークシートの使用範囲を取得する

こんにちは、Ryoです。 指定したワークシートで使用範囲を取得したい場合はUsedRangeプロパティを利用することで対処できます。このプロパティを活用することでワークシート上のデータ有無判定なども実行できますので、参考例を含めて書いてい...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】ワークシートの行単位でテキストファイルに書き込む

こんにちは、Ryoです。 ワークシート上に作成した表などのデータを読み込み、テキストファイルに出力するケースは多々あると思います。その中でワークシートの行単位でテキストファイルへ出力したい場合はPrintステートメントを利用することで対処...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】隣接するセルの取得と参照を行う

こんにちは、Ryoです。 基準とするセルの左側や右側の値を取得したい場合に便利なのがPreviousプロパティとNextプロパティで、これらを活用することで基準セルに対し左右それぞれのセル値を取得できます。今回はこの内容とOffsetプロ...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】テキストファイルから1行ずつ読み込みを行う

こんにちは、Ryoです。 VBAを利用したテキストファイルとの連携してデータの読み取りや書き込みを行うケースは多々あろうかと思います。今回はLine Inputステートメントを使用してテキストファイル1行ずつデータを読み込む方法について書...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】再帰処理により同処理の繰り返しを行う

こんにちは、Ryoです。 今回は繰り返し処理における参考例になりますがプロシージャ内で自身のプロシージャを呼び出す処理(=再帰処理)を利用すると同処理を繰り返すような場合は完結に処理できるケースもありますので、その内容について書いていこう...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】連想配列でデータを扱う

こんにちは、Ryoです。 配列の内容に対し、文字列を使用して検索することができる「連想配列」という手段があります。これはCreateObject関数を使用してDictionaryオブジェクトに検索キーと内容を追加することで利用できますので...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】同名ファイルへの上書き確認/名前を付けて保存等の処理を行う

こんにちは、Ryoです。 保存処理時に同名ファイルが存在する場合、Application.DisplayAlerts = False を使用して警告メッセージ無効にしていると気付かない間に誤って上書き保存してしまうミス等が稀にあります。先...
これで楽に!?VBA活用

【VBA】行・列タイトルを取得し設定する

こんにちは、Ryoです。 印刷対象のデータ数が多くて複数ページに跨るような場合、各ページに設定しておくと便利なのがタイトルなのですが、VBAでもPrintTitleRows/PrintTitleColumnsプロパティを使用することで設定...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました