Ryo一覧

【NEC】VersaPro VK25T/X-H メモリ増設/SSD換装など

今回は中古PCになりますが、2013年発売モデルでNEC製のVersaPro(型番PC-VK25TXZNH)を購入しています。パソコンは数年前のモデルであってもメモリ交換やSSD換装など、機器の入れ替えによって更に使用環境を改善できますので、その内容について書いていきます。

【DELL】Precision3630 メモリ/HDD増設、SSD換装など

今回は用途でハイスペックPCが必要となり、外観的に重厚感があって存在感抜群、且つ拡張性も優れるDELLのPrecision3630タワー型デスクトップワークステーションを購入しています。当然ながらそのまま使用するのではなく、メモリ/HDD増設やM.2 SSDの換装などを行いましたので、その内容について書いていきます。

【VBA】図に光彩/ぼかし/反射を設定する

図はExcelでも扱うことがとても多いですが、その図や図形などをユーザーに対して「見やすさ」「わかりやすさ」という観点から考えた場合に、視覚効果を有効に活用することが効果的なことも多いです。その視覚効果の主なものとして光彩/ぼかし/反射の設定や解除方法などについて書いていきます。

【AOMEI】Partition Assistant(Pro版)ソフト概要や主な機能紹介

HDDやSSD等のパーティション(ドライブ)を編集したい場合、Windowsでは「ディスクの管理」がありますが、パーティションによっては削除できない等やや扱い難い面もあります。その点を改善して簡単に編集できるソフトとして「AOMEI」の「Partition Assistant」Professional版をご提供いただきましたので、機能などについて紹介していきます。

【eMeet】スピーカーフォンOfficeCore M2の使用感など

最近ではテレワーク・在宅勤務に急遽切替わってきていますが、私自身も対応する必要が出てきましたので今回Web会議用にスピーカーフォンを購入しています。類似商品が多数並ぶ中で選定する際の一助になればと思い、簡単ですがレビューしてみたいと思います。

【VBA】テキストファイルの読み込みを高速化する

VBAでcsvファイルの処理を行うことは比較的多いかと思います。その際の処理でExcelのセルへのアクセス回数と処理速度は因果関係があり、回数が少ないほど速度的には有利になりますので、今回はcsvファイル内のデータを配列に格納し1回の処理でエクセルのワークシートに転記する方法などについて書いていきます。

【VBA】XMLスプレッドシートとして保存/開く

Excelを扱う中で、用途によってはデータをXMLにしたいこともあると思います。その場合はスプレッドシート形式として保存するのですが、VBAでもSaveAsメソッドを使用してXMLスプレッドシートとしての保存やOpenXMLメソッドを利用してXMLデータファイルを開くことができますので、その内容について書いていきます。

【VBA】確認メッセージを非表示にする

Excleに限らずアプリケーションではアクションを起こす毎に適宜確認メッセージが表示されますが、VBAなどで処理を実行をしていると確認メッセージが表示されることによって中断されてしまうことがありますので、その確認メッセージの表示/非表示方法について書いていきます。

【AOMEI】Backupper(Pro版)概要やリアルタイム同期など

今では公私共に扱うデータが電子化していますので、データの保全や保護が重要となっています。その一つにバックアップがありますが、無料ソフトで定番化しているAOMEI TECHNOLOGYよりPro版をご提供いただきましたので、全体概要と個人的にとても便利で気に入っているリアルタイム同期について書いていきたいと思います。

【VBA】オートフィルタでの日付データ抽出改善例

オートフィルタを使用して日付データを抽出することは多々あると思いますが、Excelのバージョンや日付の表示形式の組み合わせによっては抽出上手くいかなかったり、できないことがあります。そのような場合は日付データを一度シリアル値に変換、抽出することで改善できますので、今回はその内容について書いていきます。

【DELL】New Vostro3471メモリ増設/SSD換装など

私自身扱うことの多いビジネス向けモデルで超小型&軽量のNew Vostro 3000シリーズスモールデスクトップですが、新モデルになるVostro 3471を今回購入していますので、購入後に行ったメモリ増設作業やM.2 SSDの換装、Crystal Disk Mark測定結果などについて書いていきたいと思います。

【VBA】再計算を実行した際に処理を行う

Excelで数式を用いて処理を行うことが多々あると思います。その該当セルの数値を変更する度に再計算が実行されますが、例えば合計金額のように桁数が結果によって変わる場合はセルに収まらなくなることもありますので、そんな時はCalculateイベントを活用して再計算の都度、列幅の自動調整を行うことも可能です。

【VBA】テーブルのデータをリストボックスで編集する

テーブル上のデータメンテナンスを目的としてユーザーフォームのリストボックスにデータを取込み、その中でデータ入れ替えをテーブルと連動させて実行したり、番号の振り直しやセルへの書込み、リストボックスをマウスホイールでスクロールさせる方法などを活用例の1つとして書いてみましたので、内容を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

楽天トラベル