引越しを「気持ち良く」「安く」「楽に」する為に!

こんにちは、Ryoです。
私の中で最早トラウマに近いワード・・・それが「引越し」です。
プロフィールを確認いただけるとわかりますが、とにかく転勤に次ぐ転勤で引越しばかり。
しかも、社会人になる前ですら親の仕事の都合で転校4回とかしてますからね・・・

そんな引越し回数の多さは特に自慢にもなりませんが、記事にはなるか!?とか思ったので
経験を踏まえつつ、今の引越しサービスをリサーチしながら書いてみたいと思います。



1.引越しとは

◆心労に気を付ける!

敢えて書く必要もないかもしれませんが、大事な点だけ述べさせていただくと

生活環境の激変にどう向き合うかということです。

引越しに付随する手続きや手間等は後で述べますが、先ずはここです。
好んで引越しする人はそうそういないですから、仕事の都合や住環境の問題、家庭事情等が
あって止む無くそうなります。

特に子供はすぐに友達が出来るから大丈夫!とか私の親はよく言ってましたが、
大人だって入社とか転勤で新しい環境を強制されるのは嫌ですしストレスですよね?
子供だって同じですから。

私の経験上ですが、すぐに馴染もうとして気が逸るとストレスにしかならないので、
「焦らずに徐々に馴染んでいけばいい」と思いながら過ごした方が良いです。
後は部屋に籠る時間が長いと思考がネガティブ化しますから、なるべく日の光を浴びながら
まだ慣れない土地を散策すると色んな発見があって気持ちも軽くなります。

子供の場合は急かさないであげると良いと思いますし、普段よりもコミュニケーション多く
取ってあげたら心の負担も軽くなりますよ。

体感上で言うと「焦っても焦らなくても結局馴染めるまでの時間って変わりません」から、
引越す事実が変わらない以上、気楽に気長にマイペースで生活することを心がけていると
気が付けば「それが日常」に変わりますからね。

後もう一つ「無理して仲良くしない」こと、ここ大事ですよ。

◆全ての場所が変わるということ

当然ながら住所が変わりますが、付随してたくさんの住所も変わります。

  • 転出・転入届(役所や郵便局)
  • 転居届(郵便局、1年間有効)
  • 電気・ガス・水道の使用終了手続き
  • 新居での電気・ガス・水道の使用開始手続き
  • 火災保険(持ち家の場合)解約
  • 印鑑証明
  • 免許証の住所変更
  • 各種保険の住所変更(生命保険や健康保険、個人年金等)
  • 銀行口座の住所変更(地方銀行なら転居先で新たに開設)
  • 携帯電話
  • インターネット回線、プロバイダ
  • クレジットカード類
  • その他Web利用先住所(Amazon,楽天など)
  • CS放送

他にもあるかもしれませんが、主にはこれらの変更が必要になります。
webや電話で出来ることも今は多いですが、意外と時間がかかるものもあるので
出来る限り早めに済ませておくと良いです。

・・・ほんと面倒ですね。
企業で使うアクセス管理クラウド SKUIDみたいにID集中管理して一元化出来れば
幸せですが、個人情報はそう出来ないのが煩わしいところです。

2.荷物整理から引越し業者選び

諸手続きと並行して行うことになる肉体労働ですね。
とにかく手間はかかるし疲れます!面倒だから必要最小限の荷物にして捨てちゃうか!とも
思ったりしますが、捨てるにも費用がかかったり地方のルールに従って捨てるには、
□cm×□cm以下となってるので自分で分解や解体作業しなきゃならなかったりします。
一番精神的にも肉体的にも疲れる部分ですよね。。。

◆荷物整理で大事なこと

私が毎回転勤で引越す度に思うこと・・・それは、

荷物リストを作っておくこと!

これに尽きます。
如何にも私はちゃんとやってる風な書き方ですが、全然やってませんでした。。。
毎回思うだけで結局面倒くさがってやらず、開梱する時に猛烈に後悔する繰り返し。

時間かければいずれ開梱も終わって整理出来ますが、物によっては急遽必要になるものも
ありますので、それが延々と見つからない状態に陥るとストレスMAXになります。

やや面倒ですが、詳細なリストじゃなくても箱の中身がわかる範囲で書いておき、
箱にリストNo.を書いてリストとリンクさせておけばOKです。
開梱時に後悔しない為にも、ここはしておいた方が良いと思います。

あともう一つは、「箱に新居の運び先(部屋)を明記する」ことで搬送時に業者に
指示して運んでもらえますから、ここも忘れずに。

◆引越し業者選びは自身が楽する為の「視野を広く」持つ

引越し業者を選ぶポイントはやはり「費用」を重視すると思います。
私もそうなのですが、その「費用」だけに目を向けていると結果的に損してたりしますから
基本費用のみならず、付随するサービス等にも気を配ると良いです。

先ず名の知れた大手の引越し業者としてはアート引越センター、日通、サカイ引越センター、
クロネコヤマトですが、当然各社で色々なプランがあります。

大別すると、この2点になりますね。

  • 単身引越し
  • 家族引越し

その中身のサービスを掘り下げると、

  • 基本:荷物の搬出と搬送を行い荷造と荷解きは自身で行う
  • 一部お任せ:一部の荷造を業者が対応するもの(食器や家具等)
  • 全部お任せ:荷造・荷解き全て業者が対応するもの

かなりラフに書いていますので、各社プランはもっと細かく別れていますが大別して
こんな感じになっており、自身が楽すれば費用は高くなるということです。

金額がどの程度かかるかは引越し規模によって様々なので、見積りに来てもらうことに
なり、そこでプランを決めて運ぶものも決めて・・・と考えてると当然悩みが出ます。

それは、

「もう使ってないけどまだ動くしもったいない」

「いつか使うことがあるかもしれない」

「手放すには惜しい。。。が!使わない」

必ずこういう品々達がいますよね。
断言してもいいですが、この先一緒に転々と転居しても「荷造した思い出」にしか
なりませんから、思い切って売るか捨ててしまうのも良いです。

私は上述のようなことを思いながら仕方なく捨てたり、リサイクルショップに売りに行ったりしましたが大型のものは運ぶのも大変ですからね。。。その上「買い取れません」とかなると
・・・(絶句)ってなります。

しかし、この辺りを上手に運用出来れば費用的に効果を生む部分でもあります。
これからの引越と不用品買取なら[トレファク引越]を使うと、非常に楽が出来ます。

上にも書きましたが大手引越し業者は「荷造・荷解き・運送」に特化していますから、
当然ながら不用品の引取りや買取はしてくれませんので、自身で処理することになります。

他の引越し業者であれば引取りや買取サービスを提供してくれるところもありますが、
管理上「引越し」と「買い取り」は別のようで、別日になるのが厄介です。

ですが、[トレファク引越]引越・買取・処分を一括見積してくれますから手間が無く快適に利用できるのが良い所です。

◆「トレファク引越」を薦める理由

何故かと言いますと、私自身が不用品に関する部分でかなり手間がかかった経験があるのと、
普通に引越しの場面では煩わしい部分でもあるんじゃないかと思います。

その煩わしさに対しトレファク引越では以下のメリットがあります。

  • 引越し料金が買取分「安く」なる
  • 通常の引越しと同じ流れで買取を利用出来るので手間がかからない
  • 買取不可でも「引取・処分」してくれる
  • 買取品は「引越し当日まで使用できる」

※注記)「引取り・処分」で衣料品・書籍・雑誌・掃除用具・衛生用品・再利用できないもの
(破損した鏡等)・生き物や生ものは「引取り不可」です。

【買取】

先ず買取については、全国に100店舗以上リユースショップを展開する
「トレジャーファクトリー」が、年間買取件数90万件以上の実績を活かして行うので、
すべて一律金額で査定するようなことはありませんから大丈夫です。

買取対象としては大型家具・家電・インテリア・贈答品・スポーツ用品・アウトドア用品・
楽器等がありますので幅広く対応しています。

【引取】

そして買取不可でも引取りしてくれるものとしては、靴・服飾小物・雑貨・インテリア・生活雑貨・おもちゃ・ベビー用品・趣味・スポーツ用品・食器類・贈答品があります。

引越の見積りを通常の業者で取る場合、不用品の処分手配や費用は別途かかることが多いと
思いますが、トレファク引越では値段が付かない品物も、まだ使える場合は積極的に無料引取してくれるので、不用品処分にかかる不必要なコスト、さらに手配の手間をゼロにすることができる点が、ただでさえ忙しい引越しの時期にはとても助かる点です。

【融通性】

冷蔵庫や洗濯機などの生活必需品を売却したり処分してしまうと、当日までにかなり不便を
感じることになりますが、トレファク引越で買取・無料引取をしてもらう品物は、引越荷物の搬出時に同時に引取する形になるので、生活必需品を手放す際も、不便なく引越当日まで使うことが出来ます。

これらのメリットの有り無しは実際の引越し作業過程に於いてすごく大きいですよ。
是非検討されてみるのも良いと思います。

3.荷物搬送から荷解き

◆搬出や搬送の立ち合いは出来る限りしっかり見る

荷物の搬出から搬送は業者が基本的に対応しますので良いのですが、立ち合いはきっちりしておいた方が無難ですね。

私は数回引越ししていますが、一回だけちょっとした問題がありました。

その時は子供が産まれたばかりだったこともあって、荷造りまで全て業者にお任せするコースで頼んでいたのですが簡易的な衣装ケース等は中に荷物を入れたまま運ばれたようで、引越し先についた時には薄いプラスチックのカバーは破れてました。

搬送と搬出は当然ながら業者のスタッフも違いますから、「中に入れたままじゃ破れますよ、そりゃあ」と言われたので、「その中に入れたまま運んだのはあなた方の会社ですよ」と
教えてあげたら慌てて平謝りしてましたね。
結局弁償はしてくれましたが本社に電話したり書類書いたり買いに行ったりと、余計な手間がかかるので、立ち合い時に発見できてれば防げたことかなと思います。

◆大きな家具は予め場所を決めておく

数人いないと運べないような大型の家具などは、一度設置してしまうと再配置はとても大変なことになりますから、予め決めておいて搬送時に業者に指示して設置してもらうと良いです。

◆箱の荷物は各部屋に運んでもらう

荷造りの時にしっかり箱に運び先の部屋を明記してあれば、業者はその通りに運んでくれますので事前準備はしておいた方が良いです。
大きめの部屋にまとめて入れて後で分けるのは、ものすごい労力ですからね。
私はいつもここを手抜きしたので、後から大変な思いしかしてないです。。。

◆面倒に感じることから先に済ます

荷解きでも簡単なことから面倒くさいことまで色々ありますが、どうしても面倒に思うものは後回しにしてしまいがちです。
しかし、後回しにすると結局「ずっとやらない」のでいつまでも片付かないです。
初めは良いのですが、いつまでもすっきりしない片付かない状況を目の当たりにしてると
精神衛生上良くないので「後回しにしたいことほど、先にやる」ことが大事です。

4.最後に

一通り荷物の搬送も終われば、後は自身のペースで徐々に片付けていけば良いですし、
上に書いた住所変更に伴う手続きも並行して行いながら、ゆっくりと新しい環境に馴染んで
行けば良いかと思います。

私もかなり引越しを繰り返して大変ではありましたが、当然新しい出会いや発見もあるし、
人脈も増えれば自身の知見も広がりますから、良いこともたくさんあります。
どうせ変わらざるえない環境なら楽しんだほうが得ですからね。

そして引越しも気持ちよく終われるかどうかは、「業者の対応」による部分も大きいですから
費用面や対応面などを考慮して選定されたら良いと思います。
私が推すトレファク引越は利用者の評判も良いようです。

【利用者の声】

安く引越しが出来て大変満足です。友人にもおすすめしています。

見積もり時の服装や言葉使いが丁寧でしっかりしていて好印象でした。

担当者の対応が丁寧で、安心して引越し日を迎えられました。

引越当日、とにかく作業がスムーズで早かったです。

スピーディーかつ丁寧な作業で安心してお任せできました。特に女性スタッフの方の細かな配慮がうれしかったです。 引越しは10回以上していますが、見積もり担当者、作業員どちらにもここまで満足感が高い引越しは初めてでした。

引っ越し当日も手際よく作業して頂き、予想よりも早く引っ越し完了して頂けました。 お勧めできる引っ越し業者さんだと思います。

作業がすばやく丁寧で、大変感心致しました。機会がありましたら、是非友人に紹介したいと思います。

家具の組み立てのコツなどアドバイス頂いて嬉しかったです。

買取り、不要物の処分、大変助かりました。有難うございました。

市の粗大ゴミ受付も日程的に間に合わず、不要品の処分に困っていたのですが、快く対応していただいて助かりました。

ここまで評判良いコメントが並ぶと「ほんと?」ってなりますが、年間引越し実績が
4,000件以上ということですから、トレファク引越信用できると思います。



以上が私の引越し経験を踏まえて「気持ちよく」「安く」そして「楽に」する為にどうすべきかを書いてみましたので、何かの参考になれば幸いです。

Ryo

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天トラベル

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

楽天トラベル