【健康】禁煙外来通院開始!

こんにちは、Ryoです。
禁煙しようと思いカテゴリ作って記事を書くも更新せず、気が付けば1年以上経過して未だに出来ていないので、禁煙外来に通うことにしました。今度こそ記事を更新しつつ結果を出していきたいと思います。

禁煙治療の初診内容、そして処方薬の「チャンピックス」を4日間服用してみた感想などについて書いています。



1.禁煙外来初診

今では私の住む市内でもあちこちで見かけるようになりましたが、別件で通っている内科医院でも対応しているので診察の際に医師に申し込みして、つい先日が禁煙外来初診でした。

何をするのだろうと思ってましたが、最初はニコチン依存度や喫煙歴に関する内容の用紙を渡され、記入します。ここは誤魔化しても意味がないので正直に。その後、禁煙に関するビデオを観ます。時間は約30分ぐらいで禁煙に関する内容やこれから処方されるチャンピックスという薬や服用方法、スケジュール、禁煙成功の統計などですね。

ビデオを観終わると「呼気一酸化炭素濃度測定」があります。正常な人は7ppm以下に対し、私の結果は22ppmで「ミドルスモーカー」級のようです。

分類 判定基準
超ヘビースモーカー 35ppm以上
ヘビースモーカー 25~34ppm
ミドルスモーカー 15~24ppm
ライトスモーカー 8~14ppm
ノンスモーカー 0~7ppm

呼気測定後は診察になりますが、その際に最初に記入した喫煙歴や依存度を確認し医師から改めて今後の進め方などのお話があります。主には本人の禁煙に関する決意の程を確認する感じです。

次に「禁煙手帳」を渡され、その中に記載されている「チャンピックス」の服用に関する内容と禁煙治療スケジュールについて説明があります。

◆チャンピックスとは

禁煙のための飲み薬で、脳にある「ニコチン受容体」の部分にニコチンに変わって結合することで快感物質(ドパミン)を放出させてくれるものらしく、ニコチン切れ症状の緩和をしてくれるようです。

また喫煙した際にニコチンが受容体に結合するのを阻害してくれるようなので、タバコを吸っても満足感を感じにくくする作用もあるそうです。

この内容と副作用について医師から説明がありますが、「吐き気」「頭痛」「上腹部通」「便秘」「お腹のはり」「普段と違う夢を見る」「不眠」が主なもののようです。

◆服用の説明

私が聞いた説明になりますが、飲み始めの1週間は喫煙しながらチャンピックスを飲んでも良いそうで、医師の説明では、薬を飲んで喫煙するとタバコがおいしくないし満足感も得られないので、それを体感することに意味があるとのことでした。

その1週間の内、1~3日目は朝1回1錠、4~7日目は朝1夕1の2錠になります。8日目からは禁煙開始となり、飲む量が徐々に増加していくようです。

詳しくは医師と処方してくれる薬剤師から存分に説明があります。

◆禁煙治療スケジュール

これは私も不勉強で知らなかったのですが、「健康保険等による禁煙治療でチャンピックスを服用する場合、12週計5回の通院=約3ヶ月」となり、3ヶ月以上は「健康保険等が適用外」になるということでした。こうなれば是が非でも3ヶ月以内に成功させないとですね。

因みに通院スケジュールは「初診⇒2週後⇒4週後⇒8週後⇒12週後」となっているようなので、この通院スケジュールに合わせて記事で進捗を書いていこうと思ってます。

また禁煙治療は12週が基本で、最終診察まで治療を受けた場合の禁煙成功率は約50%とのことですから流石に50%の確率で外れる訳にはいかないとも思った次第です。

◆宿題など

この年になって医師から笑顔で「宿題ね」と手渡されると、なんか懐かしい気持ちになりました(笑)その宿題というのは、「禁煙宣言書」「吸いたい気持ちの対処法」「禁煙へのやる気・自信」、そして「禁煙日誌」になります。

医師も言っていましたが一番の薬は「絶対やめるという本人の意思」とのことなので、それに関する書類を自分で書くことで決意を漲らせます。後は日誌を日々つけますが、本数や薬の服用数、体重、副作用有無などを日々記録するだけなので特に難しいことはないです。

これらの説明が一通りあって、次の受診日程を決めて終了になります。診察自体はビデオ30分+呼気測定10分+診察15分の約1時間というところですが、病院自体の混雑もあって私の場合はTotal3時間ぐらいです。

2.チャンピックス1~4日服用の感想など

上にも書いた通り最初の3日は朝に1錠なので、受診翌日から飲み始めていますが、特に気になる副作用などはないですね。そういえば「お腹がはる」感じがしないでもないですが、元々こんな感じな気もするし。。。というレベルです(笑)

一先ず7日目までは喫煙可とのことなのでまだ吸っていますが、服用していると確かに満足感が薄くなる感じが体感出来ます。うまく表現出来ないのですが、喫煙した時の充足感と言いますかニコチンチャージ完了的な感覚と言うか…確かにそれをあまり感じない気がします。

後は禁煙にトライしたことがある方はご存知かと思いますが、数時間経過した時の脳内を巡る喫煙への渇望と言い訳、そしてそればかりが頭を占有する感覚ですね。でも服用してるとその感覚が薄くて、吸わないなら吸わなくても耐えられる感じです。

このように服用効果は体感出来ますが、やはり強敵は「習慣」ですね。起床後とか食事後、喫煙所での歓談などなど。。。どうしても行動に刷り込まれているので吸いたくなりますから、私の場合はここをどう抑えていくかが重要そうです。

3.まとめ

今回で禁煙を確実に成功させるべく禁煙外来に通い始めたのですが、今の率直な感想としては、やはり医療の力は偉大!というところです。健康保険等も適用になって費用もTotalで1万数千円レベルで済むようですから、同様にお悩みの方は一度かかりつけの病院などで相談されてみるのも良いかもしれませんよ。




まだ4日目ですから、まだまだ先は長いのですが3ヶ月後には嬉々として禁煙成功の記事が書けるようにしていければと思います。

以上、禁煙外来治療の初診~4日目についての内容でした。今回の記事が何かの参考になれば幸いです。

Ryo

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天トラベル

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

楽天トラベル