これで楽に!?VBA活用一覧

【VBA】ブックを保護する/保護を解除する

Excelで扱うブックの中にはユーザーに構成などを操作されないように保護したいケースもあると思いますが、VBAでブックの保護/保護解除をパスワードを指定して処理することが可能です。また、ブックを開いた時点で保護された状態とすることも可能ですので、今回はその方法について書いてみたいと思います。

【VBA】データバー表示と削除、コピー元範囲指定を解除する

Excelのシート上で集計したデータなどを容易に視認化できるデータバー表示というものがあり、これをVBAで処理することも可能なので結果出力の際に有効活用出来るかと思います。今回はそのデータバーの表示、及び削除と併せてサンプルコード内で使用するコピー元範囲指定(コピーモード)の解除について書いていきたいと思います。

【VBA】ワークシート(単独/複数)選択やアクティブにする

VBAでワークシートを選択する処理はかなり頻度も多いのではないかと思いますが、単独のシートだけでなく複数選択することも出来ます。また、ワークシートをアクティブにする指定や、複数選択したシート見出しの色を変えることも出来ますので、今回はその方法について書いてみたいと思います。

【VBA】ブック(ファイル)をアクティブにする

VBAで処理を行う上で頻繁に行うこととしては、ブックのアクティブ状態切替えがあります。データ読込、書き込みや結果を別ファイルへ出力した後に元のファイルに戻るなど様々な場面で使用しますので、今回はブック(ファイル)をアクティブにする方法について3通りの記述サンプルを書いてみたいと思います。

【VBA】指定時間に処理の実行/ファイル更新日時を取得する

VBAを使って処理したい内容によっては、一定時間経過後にコード(プロシージャ)実行させたいケースもあるかもしれませんので、現在時刻を取得してTime Value関数で経過させたい時間を加算し、時間経過後に上書き保存と保存日時(更新日時)取得の処理を実行するOn Timeメソッドについて書いてみたいと思います。

【VBA】ワークシート表示/非表示を切り替える

VBAで処理する都合上、設定用のワークシートを作ることもあるかと思いますが、このシートはユーザーに触れてほしくない部分ですから保護したいですよね。そんな時に使えそうなのがワークシート表示/非表示の切替えですが、指定によってはExcel上の操作から再表示させないことも出来ますので、今回はその方法について書いてみます。

【VBA】ドライブの容量を取得する(総容量/空き容量)

VBAでも指定したドライブの総容量や空き容量を取得することが可能なので、使用容量を算出することも出来ます。用途としてはドライブ管理を目的として適宜情報を取得し一定容量以下であればアラートを出すなどが可能ではないかと思いますので、今回はその方法について書いていきます。

【VBA】セルやセル範囲を切り取り、移動する

ExcelVBAでデータを扱う際に読み書きは当然ですが、特にデータの加工などが不要な場合は指定するセルやセル範囲を切り取って別の指定位置に貼り付ける(移動する)ことで事足りるケースもあるかと思います。今回はその内容についてCutやPasteメソッドを用いて実践する方法を書いてみたいと思います。

【VBA】メッセージボックスボタンの処理分岐を行う(Y/N)

VBAで対話型プログラムとして処理したいケースも多々あるかと思いますが、その中で使用頻度が高いと思われるメッセージボックスの「はい」(Y)「いいえ」(N)を表示し、クリックしたボタンに応じて処理を分岐する方法について書いてみたいと思います。サンプルとしては工程能力試算表の「両側規格」「片側規格」のシート表示を切替ます。

【VBA】ワークシートに空白セルやセル範囲を挿入する

Excelでデータを処理する際に新旧データの入替などを目的として、空白のセル(範囲)を挿入したいケースもあるかと思います。セル挿入後のシフト方向は右や下に指定できるので、知っておくと何かと役立つ場面も多いと思いますので、今回はその内容について書いてみたいと思います。

【VBA】指定セルの列番号を列名(英文字)に変換する

ExcelVBAで処理する際に行や列の番号を利用することが多いですが、列の場合は列番号ではなく列名を示す英文字を取得したいことも用途により発生すると思います。A~ZZ列までは良くてもAAA列以降はやや面倒ですが、今回は列番号を数値として取得し、英文字(アルファベット)に変換する方法について書いてみたいと思います。

【VBA】ユーザーフォームのボタン長押しで処理を実行する

VBAでよく使うコマンドボタンですが、1クリック毎の操作だと煩わしいこともあり、押したままの状態(押されている間)は処理を実行し、離せば止まるという形が出来たら良いなと思うことありませんか?今回はフォーム上のボタン押す、離す状態判別し、押しっぱなしの間は処理実行、離せば停止する方法についてサンプルを主体に書いてみます。

【VBA】指定セルやセル範囲を図としてコピーする

VBA処理としてはデータ読み書きなどが主になりますが、アウトプットの際に図(画像)として出力したいことも状況によって発生します。図としてコピーするにはCopyPictureメソッドを使いますので、その説明と省略可能な引数であるAppearance、Formatを使用した場合の差異などを書いてみたいと思います。

【VBA】行番号(Row)/列番号(Column)を取得する

VBAで処理する際に行番号や列番号は必要な情報になってきますので情報を取得したいことも多々発生します。今回はその取得方法、範囲を指定した場合の行/列番号の返り値、エディタ画面のイミディエイトウィンドウを使って列番号を調べる方法について書いてみたいと思います。

【VBA】ユーザーフォームボタンの有効/無効、フォーカス指定

VBAで扱うUserForm(ユーザーフォーム)のコマンドボタンですが、不特定多数の人間が扱う場合は違うボタンを押してしまったり、ダブルクリックして不要なエラーにつながることもあります。今回はその対処として、コマンドボタンの有効/無効切替やダブルクリック防止、フォーカス指定などについて書いてみたいと思います。

【VBA】印刷ページ数の取得/特定シート以外を印刷する

Excelのシートが複数あり、各シートに印刷対象が多くある場合は実行したら何枚になるのか判らなくなることや、特定のシートを除いて印刷したいことがありますよね。VBAでこのような処理を実行したい場合、例としてどう処理するかをサンプルコードを用いて印刷枚数の取得や特定シートを除外した印刷処理などを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

楽天トラベル