All In One SEO Pack(2.4)にしたらサイトマップ解析エラー!?

こんにちは、Ryoです。
昨夜まで何の問題もなかったのですが、All In One SEO Packをバージョン2.4に更新したら、何故かGoogle Serach Consoleでサイトマップ解析エラーが表示されていました。

エラーとして表示されている行の部分を見る限り、これまで何の問題もなかった広告画像や記事内にアップロードしているVBAサンプル画像が対象になっているようなので、明らかに何かがおかしいように思います。

まだ解決できていませんので状況が進展したら内容を更新しますが、現時点で確認したことや試したことを記録しておきます。

※2017/10/1 追記

All In One SEO Packのサポートフォーラムを見る限り、バージョンをロールバックしたら正常に動作するという投稿がありましたので、Ver2.4にすることで何か因果関係ありそうです。

私は記事内のエラー抽出されていた画像や広告リンクを戻し、Google xml sitemap に切り替えてみたところ、特に異常なく正常な状態となっていますので、一先ず切り替えて様子を見ようと思います。

※2017/10/3追記

All in One SEO PackのVer2.4.1.1が公開されたようです。
私は試せていませんが、サポートフォーラムを見る限り一連の問題は修正したと書いてあります。ただ、「サイトマップが空白になる場合はサイトマップインデックスオプションを使用し、サイトマップページごとの投稿オプションを50,000ではなく1,000に設定することをおすすめする」となっています。

私はGoogle XML Sitemapに切り替えているので、もう少し様子を伺いながら戻すかどうかは考えてみようと思います。

※2017/10/5追記

Ver2.4.1.1リリース後もサイトによってはサイトマップ解析エラーや画像の重複等の問題があったようでサポートフォーラムに問題提起の投稿が散見されてましたが、昨夜Ver2.4.2が公開されて修正されたと開発元は言っているようです。

確かにサポートフォーラムでは現時点でVer2.4.2の問題を提起する投稿はされていないようですし、私のフォロワーさんからもVer2.4.1.1時点でサイトマップに問題ないことを確認したと情報もいただけておりますので、これで落ち着くような気がします。



1.現象

9/29 22:00頃に「All In One SEO Pack Ver2.4」に更新

9/30 8:00頃に「Google Serach Console」確認し異常に気付く

エラー数2となっており、1点目は有効なURLではありません2点目はサイトマップを読み込めませんでした(解析エラー)が表示されています。

≪エラー表示≫

「サイトマップを読み込めませんでした。 認識できないエントリが含まれている可能性があります。 サイトマップを確認してから、再送信してください。」

先ず有効なURLではないとされている部分を確認すると、ここ数日間の記事に貼った広告画像が対象になっていたので全て広告を外すとエラーは無くなりましたが、エラー対象となっていない以前の記事にも同様の広告元を使ったりしているので理由がわかりません。

そして2点目のサイトマップを読み込めませんという解析エラーについては、下の画像の通り行が表示されています。

その行の部分前後を確認すると、

<image:image>

<image:loc>https://jizilog.com/wp-content/uploads/2017/09/vba-cmdplc5.jpg</image:loc>

</image:image>

記事内の画像部分になっていますが、仮にこの画像を削除したとしても次々に他の画像部分がエラーとなっていくばかりなので、まともに向き合って対処したら全部記事削除する羽目になるぐらいの勢いです。

何かがおかしいような気がすると思い、次にAll In One SEO Packのフォーラムを確認してみました。

2.フォーラムでの状況確認

ワードプレスのサポートからAll In One SEO Packを見てみると、

やはり同様の現象で困ってる人達がいますので、All In One SEO Packのバージョンアップと何かしら関係がありそうな気がします。

内容を確認すると、開発元側の発言は「再現できない」ので「修正できない」と言っていますが、「メモリの問題」とも言っており「近々メモリ使用量を最適化するリリースが予定されている」とも言っていますね。

リリースまでの間はXMLサイトマップモジュールで、[サイトマップインデックス]オプションを有効にして、ページネーションサイトマップインデックスを有効にし、「サイトマップごとの最大投稿数」で、メモリが不足していない十分な数字を選択(例えば1,000、10,000など)することと、PHPメモリを256または512に増やすことが暫定的な対処と言っています。

この内容で試すと、確かにサイトマップ自体は表示されるようになるのですがGoogle Serach Consoleでサイトマップ送信しても結果的には解析エラーなので状況は変わりません。

。。。困りましたね。

3.SEOの影響

開発元曰く、「サイトマップの一時的な中断がSEOに悪影響を与える可能性は低い。(サイトマップの不具合があるため、Googleがランキングからあなたを落とさない)」と言っていますが、正直影響有無はわかりませんからね。

投稿してる方々は人によってはGoogle XML Sitemap Generatorに変えると言ってますから、
もう少し様子を見て状況が変化無いようであれば、私も変えようかなーとか思ってます。

元々All In One SEO Packを使い始めたのはGoogle Sitemapが上手く生成されなくてバージョン下げる必要があるとか面倒なことになっていた為なので、今は問題ないようならら変えても良いんですが、慣れてるからこのまま使い続けたいんですけどね。。。

4.まとめ

ハッキリとは言えませんが、サポートページを見る限り同様のケースが発生しているので、All In One SEO Packのバージョンアップ影響がありそうな気がします。
なので、慌てて記事内のエラー対象となっている部分を変更したり削除する前に少し様子を見守ってみるのも良いかもしれませんね。

何か状況が変わったり、わかったことがあれば更新したいと思います。




以上、All In One SEO Packバージョン2.4更新後のサイトマップ解析エラーについてでした。
この記事が何かの参考になれば幸いです。

Ryo

スポンサーリンク
スポンサーリンク

楽天トラベル

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

楽天トラベル